読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤優書店

佐藤優の全書籍を紹介します

佐藤優『大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす』(NHK出版)2016/11/08

高校の地理や世界史の教科書や、地政学の文献を引用しながら、 「歴史」と「地理」をキーワードに国際情勢を解説した一冊。 同様のアプローチで執筆された『世界史の極意』(NHK出版、2015年)の続編的な内容となっている。 大国の掟―「歴史×地理」で解きほ…

佐藤優『使える地政学 日本の大問題を読み解く』(朝日新聞出版)2016/05/13

使える地政学 日本の大問題を読み解く (朝日新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/05/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 使える地政学 日本の大問題を読み解く (朝日新書) 作者: 佐藤 優 出版社/メーカー: 朝…

佐藤優『資本主義の極意 明治維新から世界恐慌へ』(NHK出版)2016/01/07

宇野弘蔵とマルクスの文献を参照し現代資本主義の抱える問題を論じた一冊。 資本主義の極意―明治維新から世界恐慌へ (NHK出版新書 479) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/01/07 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 資本主…

佐藤優『知性とは何か』(祥伝社)2015/06/01

「反知性主義」をテーマとした書き下ろし。 知性とは何か (祥伝社新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2016/04/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 知性とは何か(祥伝社新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日…

佐藤優『世界史の極意』(NHK出版)2015/01/08

「資本主義と帝国主義」「民族問題とナショナリズム」「キリスト教とイスラム」の3つのテーマについて、世界史の観点から、歴史的な経緯や出来事を辿りながら、明快に説き明かす。 続編に『大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす』(NHK出版、2016年)がある。…

佐藤優『私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方』(徳間書店)2014/09/25

全6章の構成であり、第1章については、書き下ろしで、新聞の読み方やスクラップブック、ノートの作成方法など、「情報分析術」についての実践方法を解説。 残りの章については、『週刊アサヒ芸能』連載の「ニッポン有事!」(2013年2月25日号〜2014年6月18日…

佐藤優『宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源』(角川書店)2014/04/25

中世チェコの宗教改革者、ヤン・フスを通じて、近代、国家、民族、ナショナリズムの起源を探求した論考集。 宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源 (ノンフィクション単行本) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/04/25 メディア…

佐藤優『はじめての宗教論 左巻―ナショナリズムと神学』(NHK出版)2011/06

2年越しで刊行された『はじめての宗教論 右巻ー見えない世界の逆襲』の続編。 はじめての宗教論 左巻―ナショナリズムと神学 (NHK出版新書 336) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2011/01/06 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 48回 この…

佐藤優『はじめての宗教論 右巻ー見えない世界の逆襲』(NHK出版)2009/12/08

書き下ろしとしては、2008年にNHK出版から刊行された『国家論』に続く作品であり、今作では宗教論がテーマとなっている。 続編の『はじめての宗教論 左巻―ナショナリズムと神学』は2011年に刊行。 はじめての宗教論 右巻~見えない世界の逆襲 (生活人新書) (…

佐藤優『国家論 日本社会をどう強化するか』(NHK出版)2007/12

バルト神学、ゲルナーのナショナリズム研究、宇野弘蔵の「資本論」など、広範な知的領域をバックグラウンドに援用し、初めて書き下ろしで刊行された「国家論」である。 デビュー作となった「鈴木宗男事件」についての手記『国家の罠』(2005年)、ソ連崩壊を…

佐藤優『自壊する帝国』(新潮社)2006/05/30

第38回(2007年) 大宅壮一ノンフィクション賞受賞。 外交官時代に、ソ連解体を体験した筆者の回想録。 自壊する帝国 (新潮文庫) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2008/10/28 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (…

佐藤優『日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜戦略史』を読み解く』(小学館)2006/04/22

真珠湾攻撃直後に行われたNHKラジオの講演を元に刊行された、大川周明『米英東亜戦略史』を読み解くことによって、現代の日本外交に展望を与える一冊である。 日米開戦の真実 (小学館文庫) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2011/02/04 メディ…

佐藤優『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)2005/03/26

デビュー作の本書は「鈴木宗男事件」の内幕について、外務省内部や自民党の政治闘争の実像、または、取り調べ担当検事とのやりとりをリアルに再現しながら、克明に綴った手記である。 第59回毎日出版文化賞特別賞受賞 。 佐藤優の言説を読み解くうえでの原典…