読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤優書店

佐藤優の全書籍を紹介します

佐藤優『動因を探せ 中東発世界危機と日本の分断』(徳間書店)2016/03/30

週刊アサヒ芸能連載の「ニッポン有事!」(2014年7月10日号~2016年2月18日号)に加筆修正し、書き下ろしのまえがきとあとがきを追加したものを収録。 同連載を単行本化したものは他に、『外務省ハレンチ物語』(徳間書店、2009年)、『この国を動かす者へ』…

佐藤優『ケンカの流儀』(中央公論社)2015/06/10

月刊『中央公論』連載の「修羅場の作法」(2014年5月号〜2015年5月号)を再構成。 同連載は、ほかに『修羅場の極意』(中央公論新社、2014年)がある。 ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ) 作者: 佐藤 優 出版社/メーカー: 中央公論新社 発…

佐藤優『国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス』(角川書店)2015/04/10

会員制雑誌「エルネオス」に連載の「佐藤優の情報照射『一片一条』」(2006年12月号〜2015年1月号)から、ロシアをテーマにしたものを収録 読者をロシア担当の専門家に想定して執筆されており、一般紙への連載より、実務的かつ高度な内容となっている。 国家…

佐藤優『イスラエルとユダヤ人に関するノート』(ミルトス)2015/02/16

イスラエル・ユダヤ専門出版社であるミルトスが、隔月で発売している雑誌『みるとす』に連載の「イスラエル並びにユダヤ人に関するノート」の第1回(2007年10月号94号)〜第33回(2014年6月号134号)を再編集し、収録している。 ユダヤの視点から中東情勢を…

佐藤優『修羅場の極意』(中央公論社)2014/06/09

月刊『中央公論』連載の「修羅場の作法」(2013年5月号〜2014年4月号)を再構成 同連載の続編を収録した『ケンカの流儀』(中央公論新社、2015年)も刊行されている。 毎回、一人の人物に焦点を当て、その著作を読み解くことにより、「修羅場」に対処するた…

佐藤優『国境のインテリジェンス』(徳間書店)2013/03/27

『アサヒ芸能』連載の「ニッポン有事!」を単行本化 同連載を単行本化したものは他に、『外務省ハレンチ物語』(徳間書店、2009年)『この国を動かす者へ』(徳間書店、2010年)、『この国を壊す者へ』(徳間書店、2011年)、『私の「情報分析術」超入門 仕…

佐藤優『帝国の時代をどう生きるか 知識を教養へ、教養を叡智へ』(角川書店)2012/04/10

①『一冊の本』に連載の「Uさんへの手紙」2007年6月号〜2008年3月号と、②「週刊金融財政事情」に連載の「政界二万里」2011年7月4日号〜10月24日を加筆修正したものに、序章を書き加えて収録している。 ①は宇野弘蔵の「資本論」を10回に分けて解説、②は民主党…

佐藤優『国家の「罪と罰」』(小学館)2012/02/01

『SAPIO』連載の「インテリジェンス・データベース」(第65回 2007年11月14日号から第143回 2011年10月26日号)に加筆・再構成したものを収録 同誌の連載は他に、『国家の謀略』(小学館、2007年)がある。 国家の「罪と罰」 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: …

佐藤優『外務省に告ぐ』(新潮社)2011/10

『新潮45』に掲載された論文を収録 外務省に告ぐ (新潮文庫) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 外務省に告ぐ 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/10 メディア: …

佐藤優『この国を壊す者へ』(徳間書店)2011/08/31

「週刊アサヒ芸能」連載の「ニッポン有事!」(2010年3月11月号〜2011年8月18日・25日合併号)収録、第1章「独裁者へ」は書き下ろし。 時事批評の体裁をとっているが、民主党政権の評価、外務省や政治家への北方領土交渉や普天間基地問題についての提言が主…

佐藤優『予兆とインテリジェンス』(扶桑社)2011/06/30

『東京新聞』を中心に、様々な媒体に掲載された論考を取りまとめた単行本。 予兆とインテリジェンス 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2011/06/30 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る (以下編集)

佐藤優『3.11 クライシス!』(マガジンハウス)2011/04/28

政治に具体的な影響を与えることを念頭に置いて書かれた東日本大震災に関する論文を収録。 第1章は、執筆時点での状況に対する問題提起として、ライブドアニュース「佐藤優の眼光紙背」に掲載された論考を、第2章は、中期的な展望を意識して、新聞や雑誌に寄…

佐藤優『この国を動かす者へ』(徳間書店)2010/03/30

「アサヒ芸能」に連載の『有事ニッポン!』を単行本化。 同連載を単行本化したものは他に、『外務省ハレンチ物語』(徳間書店、2009年、徳間書店)、『この国を壊す者へ』(徳間書店、2011年)、『国境のインテリジェンス』(徳間書店、2013年)、『私の「情…

佐藤優『交渉術』(文藝春秋)2009/01

「文藝春秋」連載の「インテリジェンス交渉術」(2007年7月号〜2008年12月号)を収録。 第70回文藝春秋読者賞を受賞。 外交官時代を追想しながら、交渉術の実用書、インテリジェンスの入門書、北方領土交渉の記録として読むことができる。 「聖書」「資本論…

佐藤優『世界認識のための情報術』(金曜日)2008/07

世界認識のための情報術 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 金曜日 発売日: 2008/07 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (11件) を見る (以下編集中)

佐藤優『インテリジェンス人間論』(新潮社)2007/12

2005年〜2007年にかけて、『新潮45』に掲載された人物論を収録 インテリジェンス人間論 (新潮文庫) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/10/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (16件) を見る インテリジェン…

佐藤優『国家の謀略』(小学館)2007/11/29

『SAPIO』連載の「インテリジェンス・データベース」(第1回 2004年11月号〜第62回 2007年9月26日号)に加筆・再構成したものを収録。 様々な文献を紹介しながら、インテリジェンスをキーワードに時評を行っており、初期の思考集成といえる内容である。 国家…

佐藤優『地球を斬る』(角川学芸出版)2007/06

『フジサンケイ ビジネスアイ』に連載の「地球を斬る」(2006年1月19日〜2007年3月8日)を収録 。 新聞報道をベースにしたロシア・北朝鮮の外交戦略に関する硬質な評論集となっている。 地球を斬る (角川文庫) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 角川学芸出版 …