佐藤優書店

佐藤優の全書籍を紹介します

2015年

佐藤優, 井戸まさえ『小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける―これだけは知っておきたい70のポイント』(東洋経済新報社)2015/12/04

井戸まさえ氏との対談本。 同氏との対談は、ほかに、『子どもの教養の育て方』(東洋経済新報社、2012年)がある。 小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける―これだけは知っておきたい70のポイント 作者: 佐藤優,井戸まさえ 出版社/メー…

佐藤優『外務省犯罪黒書』(講談社エディトリアル)2015/12/04

『月刊現代』に連載された「外務省『犯罪白書』」(2006年6月号〜2007年1月号)を単行本化。 講談社エディトリアルより自費出版された。 外務省犯罪黒書 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 株式会社講談社エディトリアル 発売日: 2015/12/04 メディア: 単行本 …

佐藤優, 松岡幹夫『創価学会を語る』(第三文明社)2015/11/28

『第三文明』に連載の「創価学会とは何か」(2015年2月号〜2016年1月号)を加筆・修正したものを収録。 日蓮仏教研究者で僧侶の松岡幹夫との対談。 創価学会を語る 作者: 佐藤優,松岡幹夫 出版社/メーカー: 第三文明社 発売日: 2015/11/28 メディア: 単行本 …

佐藤優『佐藤優の「地政学リスク講座2016」 日本でテロが起きる日』(時事通信社)2015/11/27

一般社団法人内外情勢調査会の講演会を編集して収録。 収録されたテーマは、集団安全保障、沖縄、ウクライナ情勢、イスラム国など、国内外の動向に関するものとなっている。 佐藤優の「地政学リスク講座2016」 日本でテロが起きる日 作者: 佐藤優 出版社/メ…

 佐藤優『「池田大作 大学講演」を読み解く 世界宗教の条件』(潮出版社)2015/11/18

月刊誌『潮』連載の「新時代への創造ー『池田大作 大学講演』を読み解く」(2013年10月号〜2015年11月号)を加筆・修正したものを収録 。 同誌への連載は、2014年にも『地球時代の哲学』(潮出版社、2014年)として刊行されている。 「池田大作 大学講演」を…

佐藤優『官僚階級論 霞ヶ関といかに闘うか』(にんげん出版)2015/10/28

官僚を「階級」という概念で捉え、その発生と習性の原理をマルクス、仲原善忠、ユルゲン・ハーバーマス、カール・バルト、柄谷行人のテスクトを媒介に解読する意欲作。 モナド新書 官僚階級論 (モナド新書010) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: にんげん出版 …

池上彰, 佐藤優『大世界史 現代を生きぬく最強の教科書』(文藝春秋)2015/10/20

池上彰氏との対談集第3弾。 今回の対談は世界史がテーマとなっており、推薦書籍の紹介も充実している。 同氏との対談本は他に、『新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方』(文藝春秋、2014年)、『希望の資本論 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか…

佐藤優, 石川友裕『政治って何だ! ? - いまこそ、マックス・ウェーバー『職業としての政治』に学ぶ』(ワニブックス)2015/10/08

マックス・ウェーバーの名著『職業としての政治』を丁寧に読み解きながら、現代政治の直面している難問に答えていく。 同氏との対談は、ほかに『小沢一郎はなぜ裁かれたか―日本を蝕む司法と政治の暴走』(徳間書店2012年)、『逆境を乗り越える技術』(ワニ…

佐藤優『お金に強くなる生き方』(青春出版社)2015/10/02

『人に強くなる極意』(2013年、青春出版)、『「ズルさ」のすすめ』(2014年、青春出版)に次ぐ、『BIG tomorrow』連載シリーズの第3弾。 コラムとブックガイドの組み合わせで、人生論が展開される。平易な言葉のなかにも、社会に対する洞察力の鋭さを感じ…

佐藤優, 橋爪大三郎『あぶない一神教』(小学館)2015/10/01

社会学者の橋爪大三郎との宗教をテーマにした対談本。 『SAPIO』に連載の「ふしぎなイスラム教」(2015年〜2015年10月)を加筆・修正し収録。 本書はキリスト教の成り立ちについて解説した、橋爪大三郎氏と大澤真幸氏のふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)…

佐藤優, 宮崎学『平和なき時代の世界地図 戦争と革命と暴力』(祥伝社)2015/09/19

宮崎学氏との対談集。 平和なき時代の世界地図 戦争と革命と暴力 作者: 佐藤優,宮崎学 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2015/09/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る

山内昌之, 佐藤優『第3次世界大戦の罠―新たな国際秩序と地政学を読み解く』(徳間書店)2015/09/16

歴史学者、山内教授との対談集となっている。 双方の専門分野である中東情勢についての議論が主な内容となっているが、池上彰や手嶋龍一との対談に比べるとアカデミズム色が強い。 続編に『新・地政学 「第三次世界大戦」を読み解く 』(2016年、中央公論新…

手嶋龍一, 佐藤優『インテリジェンスの最強テキスト』(東京堂出版)2015/09/11

インテリジェンスの最強テキスト 作者: 手嶋龍一,佐藤優 出版社/メーカー: 東京堂出版 発売日: 2015/09/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る

佐藤優『佐藤優が5人のゲストとナビゲート! 90分でわかる 日本の危機』(扶桑社)2015/09/02

ラジオ特番で行われた対談を活字化し収録。 対談相手は、手嶋龍一(作家・外交ジャーナリスト)、下村博文文部科学大臣、山口那津男公明党代表、加藤達也(産経新聞前ソウル支局長)、加藤登紀子(シンガーソングライター)の5人。 佐藤優が5人のゲストとナ…

佐藤優, 姜尚中『国家のエゴ』(朝日新聞出版)2015/08/10

安保法制議論にフォーカスを絞った内容となっており、第1部は書き下ろし、第2部は姜尚中を聞き手にインタビューに回答する形式の対談となっている。 国家のエゴ (朝日新書) 作者: 佐藤優,姜尚中 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/08/10 メディア:…

五木寛之, 佐藤優『異端の人間学』(幻冬舎)2015/08/06

作家、五木寛之氏とロシアの実像に迫る対談集になっている。 双方のロシア体験を手掛かりに、文学・政治・宗教の視点から、「帝国」の正体が語られる。 異端の人間学 (幻冬舎新書) 作者: 五木寛之,佐藤優 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/01/08 メディ…

佐藤優『知の教室 教養は最強の武器である 』(文藝春秋)2015/08/04

「文藝春秋」臨時増刊2015年2月号『佐藤優 実践ゼミ「地アタマ」を鍛える!』を再構成し収録。 知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/08/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る …

佐藤優, 山崎耕一郎『マルクスと日本人―社会運動から見た戦後日本論』(明石書店)2015/07/17

日本社会主義青年同盟の指導者、山崎耕一郎との対談集 戦後の社会運動についての対論となっている。 マルクスと日本人――社会運動から見た戦後日本論 作者: 佐藤優,山崎耕一郎 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2015/07/17 メディア: 単行本(ソフトカバー…

佐藤優『いま生きる階級論』(新潮社)2015/06/30

新潮講座「一から分かる『資本論』第3期」(2014年10月〜12月)の講義を活字化し収録。 宇野弘蔵の「資本論」を取り扱った第1期講座についても、『いま生きる資本論』として刊行されている。 さらに、本論考を発展したものが、『官僚階級論』として書き下ろ…

佐藤優『ケンカの流儀』(中央公論社)2015/06/10

月刊『中央公論』連載の「修羅場の作法」(2014年5月号〜2015年5月号)を再構成。 同連載は、ほかに『修羅場の極意』(中央公論新社、2014年)がある。 ケンカの流儀 - 修羅場の達人に学べ (中公新書ラクレ) 作者: 佐藤 優 出版社/メーカー: 中央公論新社 発…

佐藤優『知性とは何か』(祥伝社)2015/06/01

「反知性主義」をテーマとした書き下ろし。 知性とは何か (祥伝社新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2016/04/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 知性とは何か(祥伝社新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日…

西原理恵子, 佐藤優『とりあたま大学』(新潮社)2015/05/29

西原理恵子(マンガ担当)とのコラム集の第4弾 とりあたま大学: 世界一ブラックな授業!編 作者: 西原理恵子,佐藤優 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/05/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る とりあたま大学―世界一ブラックな授業!…

副島隆彦, 佐藤優『崩れゆく世界 生き延びる知恵』(日本文芸社)2015/05/27

副島隆彦との対談集第3弾。 同氏との連載は、ほかに『暴走する国家 恐慌化する世界―迫り来る新統制経済体制(ネオ・コーポラティズム)の罠』(日本文芸社、2008年)、『小沢革命政権で日本を救え』(日本文芸社、2010年)がある。 崩れゆく世界 生き延びる知…

佐藤優, 宮崎学, 田原総一朗(責任編集)『「殺しあう」世界の読み方』(アスコム)2015/05/23

文化放送「田原総一朗オフレコ!スペシャル」での鼎談を収録。 田原総一朗が進行を務め、資本論、辺野古移設問題、中東情勢の三本を柱とした討議となっている。 「殺しあう」世界の読み方 (田原総一朗責任編集 オフレコ!BOOKS) 作者: 宮崎学,佐藤優 出…

佐藤優, 斉藤環『反知性主義とファシズム』(金曜日)2015/05/21

反知性主義をキーワードに、 AKB48などのサブカルチャーを採り上げながら、精神科医である斉藤環氏と対談が繰り広げられる。 「柄谷行人」、「AKB48」、「レーニン」、「ジブリ」、「村上春樹」など取り上げられる内容は広範に渡っている。 反知性主義とファ…

佐藤優『国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス』(角川書店)2015/04/10

会員制雑誌「エルネオス」に連載の「佐藤優の情報照射『一片一条』」(2006年12月号〜2015年1月号)から、ロシアをテーマにしたものを収録 読者をロシア担当の専門家に想定して執筆されており、一般紙への連載より、実務的かつ高度な内容となっている。 国家…

佐藤優『プラハの憂鬱』(新潮社)2015/03/31

外交官研修時代のロンドンを舞台とした自叙伝であり、時系列としては、『甦る怪物(リヴィアタン)―私のマルクス ロシア篇』(文藝春秋、2009年)の続編にあたる。 プラハの憂鬱 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/03/31 メディア: 単行本 こ…

池上彰, 佐藤優『希望の資本論 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか』(朝日新聞出版)2015/03/30

池上彰氏との「資本論」をテーマにした対談。 トマ・ピケティとの対談も収録。 同氏との対談本は他に、『新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方』(文藝春秋、2014年)、『大世界史 現代を生きぬく最強の教科書』(文藝春秋、2015年)、『新・リーダー…

佐藤優『人生の極意』(扶桑社)2015/03/02

「週刊SPA!」連載の「インテリジェンス人生相談」を単行本化 。 読者からの人生相談に、時評を交え、筆者が本を紹介しながら回答する形式となっている。 人生の極意 (扶桑社新書) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2015/03/02 メディア: 新書 …

中村うさぎ, 佐藤優『死を笑う うさぎとまさると生と死と』(毎日新聞社)2015/02/20

中村うさぎ氏との対談の第3弾。 前回までは聖書をテーマにした対談であったが、今回は臨死体験をした中村うさぎと「死」をテーマにした対談を収録。 同氏の対談は、ほかに『聖書を語る』(文藝春秋、2011年)、『聖書を読む』(文藝春秋、2013年)がある。 …

佐藤優『イスラエルとユダヤ人に関するノート』(ミルトス)2015/02/16

イスラエル・ユダヤ専門出版社であるミルトスが、隔月で発売している雑誌『みるとす』に連載の「イスラエル並びにユダヤ人に関するノート」の第1回(2007年10月号94号)〜第33回(2014年6月号134号)を再編集し、収録している。 ユダヤの視点から中東情勢を…

佐藤優『危機を克服する教養 知の実戦講義「歴史とは何か」』(角川書店) 2015/01/30

2013年1月〜3月にかけて、朝日カルチャーセンター新宿教室にて行われた連続講義「歴史とは何か」(全4回)の講義録を大幅に加筆修正し、再構成した内容を収録 続編に『危機を覆す情報分析 知の実戦講義「インテリジェンスとは何か」』(2016年) 危機を克服…

佐藤優『神学の思考』(平凡社) 2015/01/15

「ウェブ平凡」連載の「日本人のためのキリスト教神学入門」(2012年11月から2014年3月分)を加筆修正したものを収録している。 本書発売後も連載は継続しており、前編という位置付けにはなるが、神学の基礎的な考え方は習得できる構成となっている。 佐藤氏…

佐藤優『世界史の極意』(NHK出版)2015/01/08

「資本主義と帝国主義」「民族問題とナショナリズム」「キリスト教とイスラム」の3つのテーマについて、世界史の観点から、歴史的な経緯や出来事を辿りながら、明快に説き明かす。 続編に『大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす』(NHK出版、2016年)がある。…