読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤優書店

佐藤優の全書籍を紹介します

佐藤優『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)2005/03/26

2005年 書き下ろし 回想録 北方領土交渉
  •  デビュー作の本書は「鈴木宗男事件」の内幕について、外務省内部や自民党の政治闘争の実像、または、取り調べ担当検事とのやりとりをリアルに再現しながら、克明に綴った手記である。
  • 第59回毎日出版文化賞特別賞受賞 。
  • 佐藤優の言説を読み解くうえでの原典といえる。
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

 
国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

 

(以下編集中) 

広告を非表示にする