読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤優書店

佐藤優の全書籍を紹介します

佐藤優『国家の謀略』(小学館)2007/11/29

  • SAPIO』連載の「インテリジェンス・データベース」(第1回 2004年11月号〜第62回 2007年9月26日号)に加筆・再構成したものを収録。
  • 様々な文献を紹介しながら、インテリジェンスをキーワードに時評を行っており、初期の思考集成といえる内容である。 
国家の謀略

国家の謀略

 

引用・参考文献

  陸軍中野学校とは、1983年に極秘裏に総説された情報将校の養成機関である。

秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)

秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)

秘録陸軍中野学校 (1971年)

秘録陸軍中野学校 (1971年)

秘録陸軍中野学校〈続〉 (1971年)

秘録陸軍中野学校〈続〉 (1971年)

陸軍中野学校の全貌

陸軍中野学校の全貌

 

 

大橋の書いた『謀略』(中略)、『軍事機密 統帥要領』(中略)等は、インテリジェンスを学ぶ副読本として使うことができる。

統帥綱領

統帥綱領

 

  

CIA ウオッチングの第一人者である共同通信の春名幹男特別編集員は、情報機関再編に関する中曽根元首相の見解に対して、かつての著書の中で次のように批判している。

スパイはなんでも知っている (ラッコブックス)

スパイはなんでも知っている (ラッコブックス)

 

  

イギリス人の特徴はやりすぎないことである。例えば、イラクを統治していた時代でも、イギリス型の民主主義や治安基準を導入しようなどとはさらさら考えなかった。

民族とナショナリズム

民族とナショナリズム

 

  

この調書の中で各国の宣伝文化について分析した箇所は、各国インテリジェンスの特徴を理解する上で現在も有効だ。

プロパガンダ戦史 (中公文庫)

プロパガンダ戦史 (中公文庫)

 

  

池田はイギリス流を採用して対米謀略宣伝放送を行い、米軍の戦意喪失に一定の影響を与えた 。

日の丸アワー―対米謀略放送物語 (1979年) (中公新書)

日の丸アワー―対米謀略放送物語 (1979年) (中公新書)

 

 

 

広告を非表示にする