佐藤優書店

佐藤優の全書籍を紹介します

佐藤優『ケンカの流儀』(中央公論社)2015/06/10

引用・参考書籍 

前作『修羅場の極意』を刊行した後、他人や文学作品城の話だけでなく、おまえ自身が経験した出来事についても書けという要請を何人かの読者から受けた。

修羅場の極意 (中公新書ラクレ)

修羅場の極意 (中公新書ラクレ)

 

 

 すでに拙著『国家の罠—外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫、2007年)、『交渉術』(文春文庫、2011年)に著書が経験された修羅場について、かなり踏み込んで書いた

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

 
国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

 

 

交渉術 (文春文庫)

交渉術 (文春文庫)

 
交渉術 (文春文庫)

交渉術 (文春文庫)

 

 

 

 この小説は、二重の危機に直面しながら書かれている。

出典 同上

吾輩は猫である (岩波文庫)

吾輩は猫である (岩波文庫)

 

 

 

ヒッピーの「聖書」になったようである。

出典 同上

かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫)

かもめのジョナサン: 【完成版】 (新潮文庫)

 
かもめのジョナサン完成版

かもめのジョナサン完成版

 
かもめのジョナサン完成版

かもめのジョナサン完成版

 

 

 

優れた小説は、複数の読み解きが可能である。

出典 同上

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

 
八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

 
八日目の蝉

八日目の蝉

 

 

創価学会の外部の人々が、池田氏創価学会のものの見方、考え方を知るために、本書はとても有益だ。

出典 同上

池田大作名言100選

池田大作名言100選

 

 

 

このときの取り調べの様子を、池田氏は後に小説『人間革命』にこう記している。

出典 同上

人間革命〈第1巻〉 (聖教ワイド文庫)

人間革命〈第1巻〉 (聖教ワイド文庫)

 
人間革命1

人間革命1

 
池田大作全集 第149巻 小説

池田大作全集 第149巻 小説

 

 

 

このときの闘いに、創価学会の特徴がよく表れている。

出典 同上

民衆こそ王者 池田大作とその時代V (池田大作とその時代 5)

民衆こそ王者 池田大作とその時代V (池田大作とその時代 5)

 

 

池田大作全集 第144巻 小説

池田大作全集 第144巻 小説

 

 

岩波哲学・思想事典

岩波哲学・思想事典

 

 

 

子供の頃から繰り返し読んだ「ヨブ記」の影響が強いからだと思う。 

出典 同上

小型聖書 - 新共同訳

小型聖書 - 新共同訳

 

 

 

 本章で取り上げるテキストは、ヘーゲルの『歴史哲学講義』だ。

出展 同上

歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)

歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)

 

  

 

著者がゼミの発表で、石原謙訳のルター『キリスト者の自由/聖書への序言』(岩波文庫)から引用した資料を作成した。

キリスト者の自由・聖書への序言 (岩波文庫)

キリスト者の自由・聖書への序言 (岩波文庫)

 

 

 

聖文舎から出た『ルター著作集第1巻』に収録された緒方先生訳の「九十五箇条の提題」のコピーをいただいた。

出典 同上

ルター著作集〈第1集 第1巻〉 (1964年)

ルター著作集〈第1集 第1巻〉 (1964年)

 

 

 

拘置所の食事は、なかなかおいしい(具体的な内容については拙著『獄中記』[岩波現代文庫]に目を通していただきたい)。

出典 同上

獄中記 (岩波現代文庫)

獄中記 (岩波現代文庫)

 
獄中記

獄中記

 

 

 

ヘーゲル精神現象学』やハーバーマス『コミュニケイション的行為の理論』などは、難しい。

出典 同上

精神現象学 (上) (平凡社ライブラリー (200))

精神現象学 (上) (平凡社ライブラリー (200))

 
精神現象学〈下〉 (平凡社ライブラリー)

精神現象学〈下〉 (平凡社ライブラリー)

 
コミュニケイション的行為の理論 上

コミュニケイション的行為の理論 上

 
コミュニケイション的行為の理論 中

コミュニケイション的行為の理論 中

 
コミュニケイション的行為の理論 下

コミュニケイション的行為の理論 下

 

 

 

こういうときに『太平記』や『岩波講座世界歴史』などは小説のように楽しく読むことができる。

出典 同上

新編日本古典文学全集 (56) 太平記 (3)

新編日本古典文学全集 (56) 太平記 (3)

 
太平記 <4> 新編日本古典文学全集 (57)

太平記 <4> 新編日本古典文学全集 (57)

 
新編日本古典文学全集 (55) 太平記 (2)

新編日本古典文学全集 (55) 太平記 (2)

 
新編日本古典文学全集 (54) 太平記 (1)

新編日本古典文学全集 (54) 太平記 (1)

 

 

 

 板東さん、代表者の一つ『死国』にみられるような、「死者とのコミュ二ケーション」が可能なんだと思います。

出典 同上

死国 (角川文庫)

死国 (角川文庫)

 
死国

死国

 
死国 角川文庫

死国 角川文庫

 

  ■■■

広告を非表示にする